3バックシステムは成功するのか? イングランド代表がロシアW杯で切り開く新境地

イングランド代表がロシアW杯で切り開く新境地とは?【写真:AP】
イングランド代表がロシアW杯で切り開く新境地とは?【写真:AP】

サウスゲイト体制では3バックシステムを採用

 イングランド代表は3日、国際親善試合でナイジェリア代表と対戦し2-1と勝利。残り2週間を切ったロシア・ワールドカップ(W杯)に向けて、上々の仕上がりを見せた。

 近年はW杯や欧州選手権などの大舞台で結果を残せていないイングランドだが、今大会に臨むチームはこれまでとは少し異なるという見方も強い。その理由は、ギャレス・サウスゲイト監督が採用する3バックシステムにある。

 英公共放送「BBC」では、「イングランドはこれまでで最も効果的なシステムを見出せたのか?」と見出しを打って特集し、今大会導入予定の3バックシステムについて触れていた。

 まずサウスゲイト体制で注目なのは、センターバック(CB)だ。マンチェスター・シティでは超攻撃的サイドバック(SB)として猛威を振るっていたDFカイル・ウォーカーを代表では右CBに抜擢。当初は実験的な起用と見られていた。

 しかし、ウォーカーのフィジカルやスピードを守備でも活かしたいと考えたイングランド人指揮官は、いくつかの親善試合でテストを行い、納得のいく成果を得られたため同選手のCB固定を決断。3バックシステムの場合、両脇のCBは対戦相手にとって捕まえづらくフリーとなりやすいポジションのため、ウォーカーのスピードや攻撃力はCBでも随所で発揮することもできている。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング