ユベントス・アッレグリ監督がモラタの移籍金に言及 その値段は?

「もしも我々がモラタを放出しなければならないとしたら…」

 ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督がスペイン代表FWアルバロ・モラタの移籍金について8000万ユーロ(約112億円)に達すると主張している。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

「もしも、我々がモラタを放出しなければならないとすれば、クラブは少なくとも7000万ユーロから8000万ユーロ(約98億円から約112億円)を手にしてもらいたい。それが彼の真の価値だ」

 指揮官は記事の中でそうコメントしている。

 今季セリエA、コッパ・イタリアを制しながらも、欧州CL決勝ではバルセロナに1-3で敗北。そのチームにおいて今季レアル・マドリードから加入したモラタはリーグ8得点ながらも、欧州CL準決勝の古巣レアル相手にゴールを決め、決勝進出に貢献。また、決勝戦でも一時同点に追いつくゴールを決めるなど、大舞台で輝いた。

 ユベントスはフランス代表MFポール・ポグバにも100億円以上の移籍金を設定している。イタリア人指揮官はモラタにも同様の価値があると確信しているようだ。

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング