ネイマールが年俸倍増で2020年まで契約延長へ チーム2位の年俸と地元紙

南米選手権後に正式サインの見通し

 バルセロナのブラジル代表FWネイマールがチームで2番目に高年俸となる税抜き1200万ユーロ(約16億8000万円)で2020年6月まで契約延長すると、スペイン地元紙「スポルト」が一面で報じている。

 同紙は「ネイマール、バルセロナと契約延長」との見出しで特集。ネイマール側は年俸アップを要望し、すでに延長交渉がスタートしていたが、これまでの税抜き600万ユーロ(約8億4000万円)が新たな契約では倍増となるという。現在チリで戦っている南米選手権終了後に正式サインの運びとなるようだ。

 バルセロナの最高年俸選手はアルゼンチン代表FWリオネル・メッシで、税抜きで推定年俸2500万ユーロ(約35億円)。今季3冠達成のチーム内でもエースに相応しい、飛び抜けた額となっている。

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

トレンド

ランキング