ポチェッティーノ招聘は「“ほぼ”不可能」 レアル機関紙もジダン後任探しの難航を予測

ジダンの後任最有力に挙がるポチェッティーノ監督だが、交渉は難航しそうだ【写真:Getty Images】
ジダンの後任最有力に挙がるポチェッティーノ監督だが、交渉は難航しそうだ【写真:Getty Images】

ジダンの後任最有力に挙がるもトットナムのレヴィ会長が抵抗

 レアル・マドリードはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)3連覇を果たしたジネディーヌ・ジダン監督が電撃辞任を発表し、後任人事に追われている。筆頭候補と言われているのはトットナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督だが、交渉は難航しそうだ。レアルの機関紙「マルカ」も「ミッションは(ほぼ)不可能」と報じている。

【PR】Jリーグや海外リーグ戦だけじゃない!マルチ画面型視聴者参加サッカー実況番組『J.ZONE PLUS』もどうぞ!

 ジダン監督はCL3連覇を決めたリバプールとの決勝戦から5日後の5月31日、電撃的に辞任を発表。直後からメディアで報じられていたのがポチェッティーノ監督の招聘だった。

 しかし、レアルにとってこのアルゼンチン人指揮官の引き抜きは限りなく“ミッション・インポッシブル”に近いという。記事では、その理由としてトットナムのダニエル・レヴィ会長の抵抗があると指摘されている。

 レヴィ会長は敏腕の交渉人として知られており、レアルとは過去にクロアチア代表MFルカ・モドリッチやウェールズ代表FWギャレス・ベイルの取引を行っている。この時も交渉は長期化していた。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング