レアル退団示唆のベイルが望む「スターの地位」 スペイン紙が残留の条件に言及

CL決勝で2ゴールを奪ったベイルだが、去就問題が過熱している【写真:Getty Images】
CL決勝で2ゴールを奪ったベイルだが、去就問題が過熱している【写真:Getty Images】

CLで殊勲の2ゴールも去就問題が過熱

 レアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイルは、26日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝でリバプール相手にオーバーヘッドキックによるゴラッソと無回転ミドルで2ゴールを奪い、3年連続のビッグイヤー獲得の立役者となった。しかし、誇り高きレフティーが求めるものが“チームの顔”としての扱いであることは変わらないようだ。スペイン紙「マルカ」は、ベイルの去就問題を特集している。

【PR】Jリーグや海外リーグ戦だけじゃない!マルチ画面型視聴者参加サッカー実況番組『J.ZONE PLUS』もどうぞ!

 ベイルは3-1と勝利したCL決勝後に、「この夏、代理人とじっくりと話し合うことになる。そこからどうするか決める」とコメント。このことから去就問題が過熱し、英メディアではしきりにマンチェスター・ユナイテッドやバイエルン・ミュンヘン移籍の噂が取り沙汰されている。

 そしてレアルの“機関紙”と言われるスペイン紙「マルカ」は、「ベイルはレアル・マドリードでスターの地位を求めている」と報じた。

 現在のレアル攻撃陣で、絶対的なポジションを与えられているのはポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドであり、元フランス代表FWカリム・ベンゼマであり、ジネディーヌ・ジダン監督はスペイン代表MFイスコも重宝している。

 ベイルはヒーローとなったリバプール戦も、ベンチスタートだったことに不満を覚えている。スタメンを張れない理由はその怪我の多さという指摘もあるが、2018年に入って以降は大きな負傷もなかった。

 ベイルがレアルに残るためには、ロナウドらと並ぶ“チームの顔”として認められることを望んでいるという。CL決勝での活躍は、ジダン監督の考えを改めるきっかけとなったのだろうか。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング