レアル退団示唆のC・ロナウド、去就問題に再言及へ 「今週中に私は何かを言う」

C・ロナウドが移籍を匂わすようなコメントをしたことが話題となっている【写真:Getty Images】
C・ロナウドが移籍を匂わすようなコメントをしたことが話題となっている【写真:Getty Images】

CL3連覇後に衝撃発言を行い波紋広がる

 レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、前人未到の3連覇を果たした26日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝リバプール戦後、「レアル・マドリードでプレーできたのは“本当に良かった”」と過去形での意味深発言をしたことが話題となった。ロナウドはこの件で改めてコメントを発し、当該発言について「後悔はない」と語った。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

【PR】グループステージもそろそろ終了。CL・EL決勝トーナメントが始まりますよ!配信見るならDAZNで!

 ロナウド擁するレアルはウェールズ代表FWギャレス・ベイルの2得点などでリバプールに3-1で勝利を収めて、大会3連覇を達成。背番号7のストライカーはファイナルでゴールこそ挙げられなかったが、大会を通じては10試合連続ゴールを含む15得点を決めて6大会連続の得点王を獲得した。

 しかし、試合後に「レアル・マドリードでプレーできたのは“本当に良かった”。数日中には僕のそばに常に寄り添ってくれたファンに、あるレスポンスを届けるつもりだ」と、移籍を匂わすようなコメントをしたことが話題となった。

 これについてロナウドが改めて言及したようだ。発言は「ふさわしいタイミングではなかった」とした上で、「何かは起こりうる。私は正直者なんだ」と感情を包み隠さずに語った。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング