「W杯で痕跡を残したアジア人選手5傑」に稲本が選出 日韓大会で「スターに君臨」

「W杯で痕跡を残したアジア人選手5傑」に稲本が選出【写真:Getty Images】
「W杯で痕跡を残したアジア人選手5傑」に稲本が選出【写真:Getty Images】

日韓大会で2得点を決めた稲本に脚光 本田についても言及

 ロシア・ワールドカップ(W杯)開催まで残り3週間を切った。これを受け、アジアサッカー連盟(AFC)公式サイトは「W杯で痕跡を残したアジア人選手5傑」を特集。そのなかで、2002年に行われた日韓大会で2ゴールを決めた元日本代表MF稲本潤一(北海道コンサドーレ札幌)が選出されている。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 元サウジアラビア代表のFWサーミー・アル=ジャービル、オーストラリア代表のFWティム・ケーヒル、元イラン代表のMFメフディ・マハダヴィキア、元韓国代表のDFホン・ミョンボが順に紹介され、5番手の大トリを飾ったのが稲本だった。

 02年日韓大会当時、稲本はグループリーグ初戦のベルギー戦で1ゴールを奪い2-2のドローに持ち込むと、続くロシア戦では値千金の決勝ゴールを決めて1-0の勝利に貢献。日本初となるグループリーグ突破の立役者となった。

 同記事でも、「イナモトはスターとして君臨した」とその大車輪の活躍に賛辞を贈っている。また、「1大会で複数ゴールを決めた日本人選手として、イナモトに続き、2010年大会のケイスケ・ホンダが加わった」と綴り、南アフリカW杯で合計2得点を挙げ、決勝トーナメント進出の原動力となった日本代表MF本田圭佑(パチューカ)についても紹介している。

 31日に最終選考メンバーが発表される日本代表だが、今大会でもW杯に痕跡を残してくれるスターは誕生するのだろうか。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング