リバプールの名将クロップ、芸術的ベイル弾に脱帽 「バイシクル…アンビリーバブルだ」

敵将のユルゲン・クロップ監督もベイルのバイシクルに脱帽したようだ【写真:Getty Images】
敵将のユルゲン・クロップ監督もベイルのバイシクルに脱帽したようだ【写真:Getty Images】

GKカリウスのミスから2失点 指揮官は守護神を擁護「私は彼に同情する」

 レアル・マドリードとリバプールが激突した26日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝は、3-1でレアルに軍配が上がった。途中出場のウェールズ代表FWギャレス・ベイルが超絶オーバーヘッド弾と無回転ミドルで2ゴールを奪い、前人未到の3連覇を成し遂げる立役者となったが、敵将のユルゲン・クロップ監督も「ベイルのバイシクル… アンビリーバブルだ」と脱帽した。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、今季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 2004-05シーズン以来となるCL制覇を目指したリバプールにとって、絶望的な一撃が 1-1で迎えた後半19分に生まれた。中央から左サイドのブラジル代表DFマルセロへと展開を許し、そしてクロス。中央で待っていたのがベイルだった。ゴールを背に向けたまま左足で豪快なオーバーヘッドシュート。ゴール左隅に華麗な一撃が突き刺さった。

 再びリードを許したリバプールは、後半38分にベイルの無回転ミドルをドイツ人GKロリス・カリウスがキャッチミスを犯し、3失点目を喫して勝負は決した。

 試合後、英衛星放送「BTスポーツ」の取材に応じたクロップ監督。レアルの元フランス代表FWカリム・ベンゼマの先制ゴールもミスから献上していた守護神カリウスについて質問をされると、静かに口を開いた。

「そうだな。なんて言ったらいいのやら。ロリスも分かっている。誰もが分かっている。それまでのことだ。残念だけれど、ここまでのシーズンを戦ってきて、この試合、私は彼に同情する。ファンタスティックな男だよ」

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング