名将ベンゲルが獲得できず最も悔やんだのは? 「アンリとロナウドが一緒にいると…」

ベンゲル監督はロナウドとアンリの共演を夢見ていたという【写真:Getty Images】
ベンゲル監督はロナウドとアンリの共演を夢見ていたという【写真:Getty Images】

アーセナル公式サイトでロナウドの獲得に近づいていた事実を告白

 アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は今季限りで22年間の長期政権に幕を閉じる。多くのスター選手を指揮してきた指揮官が、獲得できずに最も後悔した選手がレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドだった。希代のアタッカーと、愛弟子である元フランス代表FWティエリ・アンリとの共演を夢見ていたという。クラブ公式サイトが報じている。

【PR】海外サッカーもDAZN!最終盤、CL・EL圏内に残るチームはどこだ!

 ポルトガルの強豪スポルティング・リスボンの下部組織で育ったロナウドは早くからその才能を見初められ、2003年にアレックス・ファーガソン監督(当時)が率いていたマンチェスター・ユナイテッドに移籍した。

 しかし、ベンゲル監督はアーセナルがロナウド獲得に近づいていたという事実を明かしている。「彼は母親と一緒にここ(ロンドン)にいて、(獲得に)かなり近づいていたんだ」と当時のことを振り返っている。

 補強は実現しなかったが、多くの才能を見出してきたベンゲル監督は今も獲得できずに後悔している選手を問われると「言うまでもなく、思い浮かぶ選手はロナウドだ」と断言した。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング