「頭痛の種になる」 レアルのジダン監督、CL決勝のメンバー選考に“嬉しい悲鳴”

ジダン監督もスタメン選びに頭を悩ませている【写真:Getty Images】
ジダン監督もスタメン選びに頭を悩ませている【写真:Getty Images】

26日に控えるCL決勝に向けて定位置争いが激化

 レアル・マドリードは3季連続でUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝に駒を進め、現地時間26日にリバプールと決勝を戦う。前線にタレントを抱えるだけにジネディーヌ・ジダン監督もスタメン選びには頭を悩ませている。ウェールズ代表FWギャレス・ベイルやスペイン代表MFイスコによる激しい定位置争いが注目のポイントになりそうだ。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、今季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 今季の本拠地最終戦となる12日のリーガ・エスパニョーラ第37節セルタ戦では、クラシコで足首を痛めたポルトガル代表FWのクリスティアーノ・ロナウドと主将のスペイン代表DFセルヒオ・ラモスはメンバー外となった。

 大エースのロナウドを欠くアタッカー陣はベイル、イスコ、元フランス代表FWカリム・ベンゼマが先発。中盤にはクロアチア代表MFルカ・モドリッチ、ドイツ代表MFトニ・クロース、ブラジル代表MFカゼミーロが並んだ。

 CL準決勝のバイエルン戦で活躍したスペイン代表MFマルコ・アセンシオや同FWルーカス・バスケスがベンチに座った。試合はベイルの2得点やイスコの1得点1アシストの活躍などもあって6-0で大勝した。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング