「今はすごく楽しい」 INAC京川舞、FW起用で蘇ったゴール嗅覚と“一瞬の感覚”

2ゴールを挙げてゲームのヒロインとなったINACのFW京川舞【写真:Football ZONE web】
2ゴールを挙げてゲームのヒロインとなったINACのFW京川舞【写真:Football ZONE web】

なでしこジャパンの高倉監督が見守るなか、浦和L相手に2ゴールをマーク

「舞!! 舞!!」

【PR】J.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 5月12日に行われた、なでしこリーグ(日本女子サッカーリーグ)1部の浦和レッズレディース対INAC神戸レオネッサ戦(2-4)の試合後、視察したなでしこジャパン(日本女子代表)の高倉麻子監督が労いの握手を求めた一人が、2ゴールを挙げてゲームのヒロインとなったINACのFW京川舞だった。

 開始1分、敵陣のアタッキングサードでボールを奪い、MF仲田歩夢の縦パスをMF増矢 理花がさばき、ペナルティーエリア内の京川の下へ。これに迷わず右足を振り抜いた一撃は、綺麗な弧を描いて相手ゴールに突き刺さった。

 見事なコントロールショットでのゴールでチーム、そして京川自身もリズムをつかんだ。セットプレーでの失点で同点とされた直後の前半27分には、増矢、MF杉田妃和とのショートカウンターからゴール前でのこぼれ球をしっかりと詰めて勝ち越し弾。その後、杉田、FW高瀬愛実のゴールが生まれ、4-2と勝利を飾る“下地”を作った。

 2015年になでしこジャパンで、サイドハーフから未知のサイドバックにコンバートされるなど様々なポジションを経験してきた京川だが、年代別代表ではエースストライカーとして君臨してきただけに、本人としてもやはりトップの位置がしっくりくるようだ。

「自分の斜めに動いたり、ゴール前に飛び込むプレーは、今の位置(FW)でやることでより良さを出せているのかなと。1点目は一瞬の感覚が出た感じ。2点目もゴール前に詰めるというのはFWとして常に狙っているからこそのこぼれ球でした。相手の嫌がることが少しはできていると思うし、みんなとも流動的に良い距離感でできているので今はすごく楽しいです」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング