マンCを今季限りで退団のY・トゥーレ “自身最大の敵”に敬意を表し「クソ野郎!」

今季限りでマンCを退団するY・トゥーレ【写真:Getty Images】
今季限りでマンCを退団するY・トゥーレ【写真:Getty Images】

“自身最大の敵”はマティッチ 「彼とプレーするのは面白かった」

 今季限りでのマンチェスター・シティ退団を表明している元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレが、自身最大の敵としてマンチェスター・ユナイテッドでプレーするセルビア代表MFネマニャ・マティッチの名を挙げた。英サッカー専門誌「フォー・フォー・トゥー」が報じている。

【PR】海外サッカーもDAZN!最終盤、CL・EL圏内に残るチームはどこだ!

 2010年にバルセロナ(スペイン)からシティに移籍したトゥーレ。シティは今季すでにプレミアリーグ優勝を決めており、同選手にとってはこのチームでの最後のシーズンに、三度目の頂点に立った。

 しかし、トゥーレは来季もプレミアでプレーするつもりのようで、自身最大の敵をマティッチと明かし、冗談で「大嫌いだ、クソ野郎!」と言うほど。その理由を、「対戦相手として戦うには、彼は本当に難しい選手。背が高いし、力もある」と話した。

「私と戦って、私を止められる選手は多くない。ほんの何人かならいるが、マティッチはその中でも私を苦しめることのできる選手の一人だった。彼は走れるし、後ろにも下がれる。追いかけられるし、戦える。本当に良い選手だ」と続け、「大変だったが、彼とプレーするのは面白かった」と、一流選手同士だからこその本音も明かした。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング