ポルトガルが誇る“魔術師”の超絶美技が炸裂 「ラボーナ・キング」「完璧」と海外称賛

“アウトサイドの魔術師”と呼ばれるクアレスマの“ラボーナクロス”が話題となっている【写真:Getty Images】
“アウトサイドの魔術師”と呼ばれるクアレスマの“ラボーナクロス”が話題となっている【写真:Getty Images】

ベジクタシュのクアレスマがショートコーナーからラボーナでゴールを演出

 トルコ1部リーグのベジクタシュは、現地時間7日のリーグ第32節カイセリスポル戦で2-0と勝利した。この試合で先制点を演出したのが、ポルトガル代表MFリカルド・クアレスマだ。“アウトサイドの魔術師”と呼ばれる男が、見る者を魅了する“ラボーナクロス”を決めて話題となっている。

【PR】DAZNでサッカーを楽しもう!初月の無料期間でまずは体験!

 0-0で迎えた前半31分だった。左コーナーキックを得たベジクタシュはショートコーナーを選択。クアレスマはコーナー方面に駆け寄り、キッカーの元ブラジル代表DFアドリアーノからボールを受ける。次の瞬間、超絶テクニックを披露した。

 右足アウトサイドでゴールライン際にボールを流すと、そのまま反転して左足を軸足とし、後方に右足を通してボールをキックする“ラボーナ”でゴール前にクロスを供給。ボールは綺麗な弧を描いてファーサイドに向かい、最後はセルビア代表DFドゥシュコ・トシッチが頭で合わせて先制ゴールとなった。

 対峙したカイセリスポルのポルトガル人DFチアゴ・ロペスも、“ラボーナクロス”は予期できず、半身になってコースから体を逸らせてしまっている。海外紙もクアレスマのテクニックを称賛している。

「クアレスマの魔法。コーナーからのラボーナは完璧な軌道だった」(イタリア紙『il Giornale』)
「ラボーナ・キング」(スペイン紙『AS』)
「壮大なラボーナで驚かせる」(イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』)
「クアレスマはあなたを夢中にする」(ポルトガル紙『レコルド』)

 クアレスマは「トリベラ」と呼ばれるアウトサイドキックを伝家の宝刀とし、レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドも認めるサイドアタッカーだが、ラボーナでも選択肢にあることをプレーで実証した。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング