ヘタフェ柴崎、好守で決勝点演出 5戦ぶり出場で1-0勝利に貢献も現地紙は低評価

柴崎が5戦ぶりの出場で1-0勝利に貢献【写真:Getty Images】
柴崎が5戦ぶりの出場で1-0勝利に貢献【写真:Getty Images】

ボランチで先発出場、ラス・パルマスに1-0で勝利

 ヘタフェのMF柴崎岳は、現地時間6日に行われたラス・パルマス戦で5試合ぶりの試合出場を果たした。終盤には決勝点につながるチェイシングで1-0の勝利に貢献したものの、スペイン紙「マルカ」の採点はやや低いものとなっている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ヘタフェは出場停止と負傷者が続出したことにより、柴崎に先発出場のチャンスが巡ってきた。ボランチに入った柴崎は前半こそボールに絡む機会は少なく、チームも劣勢の時間帯が続いた。

 しかし後半31分にはFWホルヘ・モリーナへ巧みなスルーパスを通すなどリズムに乗ると、終了間際の同43分だった。ラス・パルマスのMFハビ・カステジャーノが漫然とボールを受けたところを見逃さず、柴崎が猛然とチェイシング。これでボールを奪取するとモリーナにつながり、最後はFWアンヘル・ロドリゲスがゴールを陥れ、アウェーで勝ち点3を拾った。

 このシーンについて同紙は、「カステジャーノのまずいボールコントロールからガクがチャンスを得ると、最後はアンヘルが決めた。ヘタフェはヨーロッパリーグ圏内争いに舞い戻った」と、ここ5試合で4勝1分けと勝ち点を積み上げ、暫定7位に浮上した現状について触れた。

 ただ3つ星評価の採点を見ると、押され気味の試合展開だったこともあってか、ヘタフェで最高点となった2つ星は決勝点のアンヘルら3人のみ。柴崎は1つ星の評価だった。5試合ぶりの出場で得点に絡む活躍を見せたナンバー10だが、残り2試合で出場機会をつかみ、90分間にわたって存在感を発揮したいところだ。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  2. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  3. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  4. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  5. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  6. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  7. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  8. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  9. 闘莉王が選ぶ「日本サッカー最強パサー5傑」 「真似できない」と大絶賛、舌を巻いた一流プレーヤーは?

  10. G大阪FW宇佐美貴史が初めて明かす川崎からオファーの“真実” 残留した理由は?「自分にとって苦しいと思った」