ヘタフェ柴崎、好守で決勝点演出 5戦ぶり出場で1-0勝利に貢献も現地紙は低評価

柴崎が5戦ぶりの出場で1-0勝利に貢献【写真:Getty Images】
柴崎が5戦ぶりの出場で1-0勝利に貢献【写真:Getty Images】

ボランチで先発出場、ラス・パルマスに1-0で勝利

 ヘタフェのMF柴崎岳は、現地時間6日に行われたラス・パルマス戦で5試合ぶりの試合出場を果たした。終盤には決勝点につながるチェイシングで1-0の勝利に貢献したものの、スペイン紙「マルカ」の採点はやや低いものとなっている。

【PR】Jリーグや海外リーグ戦だけじゃない!マルチ画面型視聴者参加サッカー実況番組『J.ZONE PLUS』もどうぞ!

 ヘタフェは出場停止と負傷者が続出したことにより、柴崎に先発出場のチャンスが巡ってきた。ボランチに入った柴崎は前半こそボールに絡む機会は少なく、チームも劣勢の時間帯が続いた。

 しかし後半31分にはFWホルヘ・モリーナへ巧みなスルーパスを通すなどリズムに乗ると、終了間際の同43分だった。ラス・パルマスのMFハビ・カステジャーノが漫然とボールを受けたところを見逃さず、柴崎が猛然とチェイシング。これでボールを奪取するとモリーナにつながり、最後はFWアンヘル・ロドリゲスがゴールを陥れ、アウェーで勝ち点3を拾った。

 このシーンについて同紙は、「カステジャーノのまずいボールコントロールからガクがチャンスを得ると、最後はアンヘルが決めた。ヘタフェはヨーロッパリーグ圏内争いに舞い戻った」と、ここ5試合で4勝1分けと勝ち点を積み上げ、暫定7位に浮上した現状について触れた。

 ただ3つ星評価の採点を見ると、押され気味の試合展開だったこともあってか、ヘタフェで最高点となった2つ星は決勝点のアンヘルら3人のみ。柴崎は1つ星の評価だった。5試合ぶりの出場で得点に絡む活躍を見せたナンバー10だが、残り2試合で出場機会をつかみ、90分間にわたって存在感を発揮したいところだ。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング