元英代表MFジェラード、レンジャーズ監督就任で合意 3年契約、4日に正式発表へ

ジェラード、レンジャーズ監督就任で合意【写真:Getty Images】
ジェラード、レンジャーズ監督就任で合意【写真:Getty Images】

引退後、17年1月からはリバプールのアカデミーコーチを担当 監督としても成功なるか

 元イングランド代表MFスティーブン・ジェラードが、スコットランドの名門レンジャーズの監督就任で合意に達したという。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

 記事によれば契約は3年間。リバプールOBで、元スコットランド代表のガリー・マカリスター氏がアシスタントコーチになるという。

 レンジャーズは4月29日に行われた宿敵セルティック戦で0-5と大敗を喫したあと、グレアム・マーティ前監督を解任していた。ジェラード新体制の誕生は現地時間4日に正式に発表される見込みとなった。

 ジェラードは2016年に米MLS(メジャーリーグサッカー)のLAギャラクシーで現役引退。17年1月からは古巣リバプールのアカデミーコーチを務めていた。

 イングランドサッカー界のレジェンドは、スコットランドリーグ優勝54回という名門クラブで本格的な監督キャリアをスタートさせる。選手時代と同様に成功を収めることができるのだろうか。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング