本田圭佑、“アシスト王”争いで惜敗「ホンダを破る」 後期リーグ2位の7アシスト

本田は、後期リーグ2位の7アシストを記録した【写真:Getty Images】
本田は、後期リーグ2位の7アシストを記録した【写真:Getty Images】

メキシコ後期リーグで7アシストの活躍、1アシスト差で“キング”の座を逃す

 今季限りでパチューカ退団が決定的となっている日本代表FW本田圭佑。昨季CONCACAFチャンピオンズリーグ優勝を果たした名門だが、リーガMX前・後期ともにプレーオフを逃し、カップ戦でも決勝で敗れた。補強の目玉と期待されながらチームにタイトルを持たせなかった背番号2はギリギリで“キング”の座を逃していたことが分かった。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」メキシコ版が報じている。

【PR】DAZNはサッカー以外にも!画質・コンテンツも続々強化中!

 本田はメキシコリーグ後期を終えて7ゴール7アシストを記録したが、レオンのメキシコ代表MFルイス・モンテが8アシストを記録。モンテは3ゴールも決めており、レオンの24得点中で11得点を生み出していた。記事では「ルイス・モンテがケイスケ・ホンダをアシストで破る」と報じていた。

 2008年のVVVフェンロ時代に16ゴール13アシストでオランダ2部MVPに選出されていた本田だが、1アシスト差で“アシストキング”には届かなかった。

「日本人のホンダは、メキシコ最後の大会で7アシストをマークした。アシストランクのトップ2は強豪チームからの選出ではなかった」

 記事ではモンテの所属するレオン、本田のパチューカがそれぞれ上位に食い込めなかったと指摘している一方、本田が今季限りでメキシコリーグから去ることも示唆した。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング