ネイマール、トリックプレーへの批判に反論 「スタイルは変えない」

譲れないサッカー王国の美学

 バルセロナのブラジル代表FWネイマールは、現地時間の30日、アスレチック・ビルバオとの国王杯の決勝で、3-1とリードした後半42分にヒールリフトを披露した。だが、相手DFに激突し、突破は失敗に終わった。相手DFはネイマールの相手をおちょくるようなプレーに激高し、ネイマールに詰め寄る一幕もあったが、ネイマールは自身のスタイルを貫く構えのようだ。スペイン地元紙「スポルト」が報じている。
 ブラジル代表のエースは、こう語った。
「誰かが怒るかもしれない。でも、これが僕のスタイルで何年も好んで続けてきた。誰かが怒ったとしても僕は自 分のやり方を変えるつもりはない。これはフットボールだ。みんなの反応は信じられない」
 試合は、そのネイマールが1得点、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシが2得点を決めてA・ビルバオに3-1と勝利。リーグと合わせて、今季2冠を達成した。
 
 前線で共にプレーするメッシについては、「レオはスペクタクル。彼はスーパースターで僕にとって世界最高の選手。このチームで、彼のような選手と一緒にプレーできるのは本当に栄誉なこと」と、賛辞を贈った。
 
 今季も残すはユベントスとのチャンピオンズリーグ決勝のみとなった。互いに国内リーグ、カップとの3冠を懸けた頂上決戦で、ネイマールはどのようなプレーを魅せてくれるのだろうか。
【了】
サッカーマガジンゾ ーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング