バルセロナの最強3トップがシーズン通算120得点。スペイン記録を更新

脅威のMSNは11年レアル3トップのゴール記録を抜いた

 バルセロナが誇る強力3トップ、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ブラジル代表FWネイマール、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスが30日に国王杯決勝アスレティック・ビルバオ戦で今季合わせて120得点を記録。スペイン記録を更新し、3-1勝利と今季2冠に花を添えた。
 ビルバオ戦を前に、メッシ、ネイマール、スアレスの3人は、リーグとカップ戦合計で計117得点を叩き出していた。
 これまでのリーガで3トップによる最多得点記録は2011−12シーズンにジョゼ・モウリーニョ監督(現チェルシー)が率いたレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(60得点)、フランス代表FWカリム・ベンゼマ(32得点)、アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(26得点、現ナポリ)の3選手が打ち立てた118得点。バルサのトリデンテは国王杯決勝前からシーズン記録にあと「1と迫っていたもので、記録更新が目前となっていた。
 そして、A・ビルバオ戦ではメッシが2得点、ネイマールが1得点を決め、3人合計の得点数は120ゴールに到達。大記録を打ち立てた。
 120得点の内訳はメッシが計58得点、スアレス24得点、ネイマール38得点となっている。
 バルセロナは6日に欧州チャンピオンズリーグの決勝ユベントス戦を控えている。それぞれの頭文字から「MSN」と称される最強3トップを擁するバルセロナはシーズンを3冠の栄誉で締めくくれることができるだろうか。

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング