バロテッリ残留へ 代理人は「間違いなく残る」

今季リーグ1ゴール

 代理人を務めるミーノ・ライオラ氏が、リバプールFWマリオ・バロテッリの今夏の移籍を否定した。英メディア「スカイ・スポーツ」が報じている。
 バロテッリは今季、ACミランから1600万ポンド(約28億円)でリバプールへと加入した。だが、リーグ戦では、わずか1ゴールでシーズンを終え、クラブとサポーターの期待を大きく裏切った。
 今夏の放出が濃厚とされていたが、ライオラ氏は残留を確信しているようだ。
「リバプールと話し合いの場を設けた。彼は間違いなくここに残る。ブレンダン・ロジャースとはまだ話せていないが、マリオはこのチームにフィットできる。何度もクラ ブと話し合ってきた。クラブは彼の成長と、プロ意識に満足していたよ。もちろん、パフォーマンスは改善しなければいけないが、来季は面白いものを見せられると確信している」
 加入1年目は失意に終わったバロテッリだが、チームに留まり、2年目で反撃ののろしを上げることになるのだろうか。
【了】
サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング