Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

海外リーグ

2017.04.22 (Sat)

レアル“BBC”が称賛以上に批判される理由 「欧州最強トリオ」が背負う宿命とは


クラシコで“花火”が上がればリーガ覇権も…

 

 特に多くの批判を集めるロナウドは、先日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝のバイエルン・ミュンヘンとの2試合で合計5ゴールと爆発。サイドアタッカーではなく、相手ゴール前で脅威となれるセンターフォワードとして生まれ変わっており、実力を発揮できないと言われていた大舞台での一戦でも、しっかりとエースとしての責務を果たす新たなロナウドの姿を披露している。

 

 負傷により今回のエル・クラシコ出場が微妙な状況となっているベイルにしても、2013-14シーズンのスペイン国王杯決勝で、バルセロナのDFマルク・バルトラ(現ドルトムント)を試合終盤の驚異のスプリントでぶち抜いたゴール、同シーズンに10度目の欧州制覇を果たした昨季CL決勝アトレティコ・マドリード戦でのゴールと、大事な場面でその存在価値をしっかりと示してきた。

 

 例えるなら、「BBC」は大きく美しい打ち上げ花火と言えるだろうか。

 

 サッカーの得点に大きいも小さいもないが、彼らが強豪相手に決める得点はとても大きく、心にいつまでも残るものであり、余韻をしっかりと味わいたいと思わせるものだ。サンチャゴ・ベルナベウでのバルセロナとのエル・クラシコで、彼らが新たに大きく美しい花火を打ち上げた時、レアルにとって11-12シーズン以来5年ぶりとなるリーガ制覇は、一気に現実味を帯びてくるはずだ。

 

エル・クラシコ、マンチェスター・ダービーなどリーガ&プレミア全試合を無料で楽しめるのはスポナビライブだけ!【PR】

 

【了】

 

山本孔一●文 text by Koichi Yamamoto

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

 

1 2 3 4

<  前の記事 次の記事  >
モバサカ CHAMPIONS MANAGER 公式サイト