ロナウドが会長との不仲説を否定 「心の底から間違った報道を止めて欲しい」

バカンス先のマイアミからコメント

 レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがレアル上層部との不仲説や自身の移籍報道に激怒し、完全否定している。ポルトガル地元紙「ア・ボーラ」が報じている。
 地元メディアと対立し、マスコミに口を閉ざしているCR7はバカンス先のマイアミから久しぶりにコメントを発表している。
 「僕は心の底から間違った報道を止めて欲しいと願っている。少し穏やかな状況にそっとしておいてほしい。僕自身とレアル・マドリードの紛争を作りだそうとしているという報道は全くの誤りだ。世界最高のクラブでとても幸せだし、新しいシーズンは成功に満ち溢れると確信している」
 ロナウドはこう語ったという。ロナウドが全幅の信頼を置き、続投を熱望していたカルロ・アンチェロッティ監督が解任され、フィオレンティーノ・ペレス会長との関係悪化などが報じられていた。
【了】
サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

ランキング