ユーベがレアルのケディラと合意寸前か 伊紙が報じる

中盤の補強は急務

 イタリア王者のユベントスは、今夏に再開する移籍市場で、ドイツ代表MFサミ・ケディラと合意寸前なことが明らかになった。イタリア地元紙「トゥット・スポルト」が報じている。
 今季限りでレアル・マドリードと契約満了となるケディラは、移籍金ゼロで獲得可能となる。ユーベ側は今季膝の故障などで出場機会を失ったボランチの健康状態のチェックに関して、慎重に慎重を期すという。メディカルチェックで膝の状況を把握後、契約する方針のようだ。
 ユベントスは今季終了後に、フランス代表MFポール・ポグバを1億ユーロの移籍金で売却予定で、イタリア代表MFアンドレア・ピ ルロもチームを去る可能性も浮上している。中盤の補強は、急務となっている。
【了】
サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング