“新生”浦和、初陣で先発総入れ替え 大槻暫定監督が示した「三つの選考基準」とは?

浦和レッズの大槻毅暫定監督【写真:Getty Images】
浦和レッズの大槻毅暫定監督【写真:Getty Images】

監督交代後、中2日でルヴァン杯の敵地広島戦に挑み0-0ドロー

 浦和レッズは、監督交代後の新体制となったルヴァン杯グループステージ第3節のサンフレッチェ広島戦を0-0の引き分けで終えた。就任からわずか2日での初陣となった大槻毅暫定監督は、メンバー選考について「基準は三つ」と明確な指針を示した。

マリノス大津&山中コンビをレベルアップさせたレイソル若手コンビ秘策のリフティングチャレンジとは?

 この日の浦和は、契約解除となった堀孝史前監督でのラストゲームとなった1日のリーグ第5節ジュビロ磐田戦から、スタメン11人を総入れ替えした。もちろん、単純に前の試合から中2日であり、カップ戦のゲームだというファクターがあるにしても、大槻監督はこの日メンバーから外れた選手たちに対しても通ずる、自身の考える選考の方向性を明言した。

「試合前のミーティングで話した基準は三つ。心も体もフレッシュであること。次に野心を持った選手、浦和に来て自分がプレーをしたい、見てもらいたい、チームに貢献したいのは誰なのか。三つ目は責任を負ってもらうこと。今日の18人(ベンチ入りを含む)は、その三つの基準だと話した」

 中2日を加味したターンオーバーという観点で、「心も体もフレッシュであること」という総入れ替えは合点がいく。これまで堀前監督はルヴァン杯でもメンバー変更をチームの半数ほどに留め、その上で結果が出てこなかった。“体”の部分で中2日という意味合いが強く、“心”の部分で敗戦続きの沈んだ空気を持ち合わせないという点で、それを両立させる方策がこの総入れ替えだったのだろう。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング