「W杯欠場の可能性があるスター10人」を英メディア選出 伊得点王や香川の同僚も…

(左から)ロイス、フッキ、イカルディ、ウィルシャー、クアドラード【写真:Getty Images】
(左から)ロイス、フッキ、イカルディ、ウィルシャー、クアドラード【写真:Getty Images】

イカルディはメッシら阻まれてメンバー入りが困難 ロイスは故障と復帰を繰り返す

 ロシア・ワールドカップ(W杯)開幕まで約2カ月に迫った。3月の国際Aマッチウィークで出場32カ国はそれぞれテストマッチを行い、収穫や課題を洗い出した。注目のメンバー選考に残された時間は残りわずかとなっているが、負傷などを理由に本大会で見られない可能性が高いスターたちもいる。英サッカー専門誌「フォー・フォー・トゥー」が10人の注目選手を特集した。

 いの一番に名前が上がったのが、インテルで主将を務めるアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディだ。2014-15シーズンにはセリエA得点王にも輝いた生粋の点取り屋も、FWリオネル・メッシ(バルセロナ)、FWセルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ)、FWゴンサロ・イグアイン(ユベントス)らタレント揃いの攻撃陣ではほとんど出番が与えられていない。負傷者が出るなどのアクシデントが起きない限りは、メンバー入りが困難と見られている。

 過去のW杯本大会にも出場した上海上港のブラジル代表FWフッキやユベントスのコロンビア代表MFフアン・クアドラードも、戦術的な理由や負傷などの理由から最近はメンバーに選ばれておらず、欠場の可能性も高まっている。

 2016年の欧州選手権でポルトガルの優勝を経験したスウォンジーMFレナト・サンチェスは将来を最も期待される若手の一人だが、バイエルンでは出番が限られ、レンタル移籍で渡ったプレミアリーグでも伸び悩んでいる。現状では招集は厳しいか。負傷で2014年ブラジルW杯や16年欧州選手権フランス大会を欠場したドイツ代表FWマルコ・ロイスも復活と離脱を繰り返す受難のシーズンを過ごしている。ロシア行きを熱望するも、コンディションには常に不安を抱える。

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング