元ブラジル代表FWアドリアーノ、感染症を起こし緊急入院と母国メディア報道

元ブラジル代表FWアドリアーノ【写真:Getty Images】
元ブラジル代表FWアドリアーノ【写真:Getty Images】

手を負傷し自宅で縫合、現役復帰を目指すなか思わぬアクシデント

 インテルやパルマで活躍した元ブラジル代表FWアドリアーノが手を負傷し、自宅で縫合した患部が感染症を起こして緊急入院するアクシデントに見舞われたという。ブラジルメディア「UOLエスポルチ」が報じている。

 アドリアーノはリオデジャネイロのビラ・クルゼイロで手を負傷。自宅で縫合したが、感染症を起こしてしまった。病院に向かったが、痛みや不安を訴えながら裏口から退出。リオ西部のバハ・ダ・ティフカの病院に再入院したという。

 2016年シーズンにマイアミ・ユナイテッドでのプレーを最後にサッカーから遠ざかっていたが、ブラジルの名門フラメンゴでの現役復帰を目指していた。

「皇帝」の異名で知られたアドリアーノは、かつてブラジル代表で活躍し、パルマ時代に元日本代表MF中田英寿、元ルーマニア代表FWアドリアン・ムトゥと「トリデンテ」(三叉の槍)を形成したことでも知られているが、近年はアルコール依存症などで苦しんでいた。

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング