ロシアW杯審判団に日本から2名選出 佐藤主審は初、相樂副審は3大会連続

ロシアW杯の審判団に日本からは、相樂副審(左)と佐藤主審(右)が選出された【写真:Getty Images】
ロシアW杯の審判団に日本からは、相樂副審(左)と佐藤主審(右)が選出された【写真:Getty Images】

FIFAが発表 主審36人、副審63人が選ばれる

 今年6月に開幕するロシア・ワールドカップ(W杯)本大会を担当する審判団が国際サッカー連盟(FIFA)から発表され、日本人では佐藤隆治主審と相樂亨副審の2人が選出された。今回の発表で、主審は36人、副審は63人が選ばれた。今大会からビデオ・アシスタントレフェリー制度(VAR)も導入される。

 佐藤主審は初のW杯となり、相樂副審は2010年南アフリカW杯から3大会連続となる。これまでの2大会は西村雄一主審との選出だっただけに、佐藤主審を名実ともにサポートすることが期待される。

 日本のペアを含めてアジアサッカー連盟(AFC)から選出されたのは、ラフシャン・イルマトフ主審(ウズベキスタン)など16名。東アジアからは日本の2人のみの選出となった。

 欧州からは、昨季のUEFAチャンピオンズリーグ決勝を担当したドイツ人のフェリックス・ブリッヒ主審や、オランダのビョルン・カイペルス主審、イタリアのジャンルカ・ロッキ主審などが選出されている。

 VARの運用も含め、世界中から判定も注目されるW杯。佐藤主審と相樂副審は、まずはピッチに立つチャンスを得ることからのスタートになる。

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング