長友を高評価するガラタサライ 完全移籍へ向けインテルに3億円超“増額”オファー提示

トルコのガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都【写真:Getty Images】
トルコのガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都【写真:Getty Images】

トルコメディアが報道、長友には2年契約+1年間のオプションを提示

 日本代表DF長友佑都が所属するトルコのガラタサライは、完全移籍に向けて保有元のインテルに対して移籍金増額オファーを出したと、トルコメディア「ファナティック」が報じている。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNで、輝き再び…ガラタサライ・長友佑都の活躍を見よ!

 ガラタサライは1月に半年間のレンタル移籍で獲得した31歳のサイドバックを高く評価。すでに公式戦8試合に出場しているダイナモの買い取りに向けて移籍金200万ユーロ(約2億6000万円)を提示していたが、インテル側がこれを固辞したと報じられていた。

 記事によれば、トルコの名門は新たに250万ユーロ(約3億2500万円)の増額オファーを提示。長友には2年契約に加え、1年間の契約オプションという条件を提示しているという。

 インテルとの契約は2019年シーズン終了まで残している一方、サイドバックは人材豊富なうえに、ユベントスのガーナ代表DFクワドォー・アサモアの獲得に乗り出している。ガラタサライの増額オファーで、インテルは首を縦に振るのだろうか。

(Football ZONE web編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング