本田圭佑、ファンを含めた日本サッカー全関係者に告ぐ 「理想求めてナンボ」の哲学

本田が代表チームを取り巻く現状について力説【写真:Getty Images】
本田が代表チームを取り巻く現状について力説【写真:Getty Images】

マリ戦の結果を受けて持論を展開 「議論のポイントも全体的にレベルが低い」

 日本サッカー界の発展を希求する男の口調が熱を帯びた。日本代表FW本田圭佑(パチューカ)は「余計なことに囚われすぎていて、議論のレベルが低い」と代表チームを取り巻く現状について力説。ファンも含めた日本サッカー界の全関係者に対して、「理想求めてナンボ」と訴えかけている。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 ベルギー遠征中の日本代表は、23日の国際親善試合マリ戦で苦戦を強いられた。6月のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦で対戦するセネガルを想定した一戦に臨み、前半44分にDF宇賀神友弥(浦和レッズ)がPKを与えて先制点を献上。終盤まで決定打を欠いた日本だが、後半途中出場のFW中島翔哉(ポルティモネンセ)が後半アディショナルタイムに代表デビュー弾を叩き込み、1-1のドローに持ち込んだ。

 試合後には、選手たちから攻守において早期改善を求める声が上がり、チーム外部でも改善点を指摘する様々な意見が渦巻いている。本田はそうした状況を踏まえつつ、「とにかく僕は、次のウクライナ戦(27日)はチームとして結果にこだわる雰囲気を作っていきたい。余計なことに囚われすぎていて、議論のポイントも全体的にレベルが低いような話が多すぎる」と指摘した。

 本田が言う「議論のレベルが低い話」をしている対象は誰なのか――。その答えは「全員でしょうね」だ。本田はその意味を、次のように説明している。

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング