アルゼンチン代表メッシ、右足と内転筋痛で練習欠席 スペインとの親善試合も欠場か

23日のイタリア戦では、スタンドから試合の行方を見守ったメッシ【写真:Getty Images】
23日のイタリア戦では、スタンドから試合の行方を見守ったメッシ【写真:Getty Images】

欠場したイタリア戦後も練習欠席が続き、スペイン戦の欠場が濃厚に

 バルセロナのFWリオネル・メッシは国際Aマッチウィークでアルゼンチン代表に招集されているが、23日のイタリア戦(0-2)は出場せずにスタンドから試合の行方を見守った。27日にスペイン戦を控えるなかで練習不参加が続いており、試合欠場が濃厚となっている。

「忘れていた!」そんなあなたにDAZNの見逃し配信を!

 スペイン紙「マルカ」によれば、メッシは長いリーグ戦による疲労から右足ハムストリングと内転筋の痛みに悩まされているという。そのため、イタリア戦の出場を見送られた。

 アトレチコ・マドリードの本拠地ワンダ・メトロポリターノで行われるスペイン戦に向けて、代表チーム一向はマドリードへ移動。レアル・マドリードの練習場があるバルデベバスでトレーニングを行っているが、現地時間24日の練習もメッシは欠席した。

 レポートによれば、マンチェスター・シティのFWセルヒオ・アグエロも練習には姿を見せず、パリ・サンジェルマンMFアンヘル・ディ・マリアとともにスペイン戦を欠場する見込みだという。また、スペイン紙「スポルト」は「メッシは出場しないだろう」と記し、背番号10の欠場を予想している。

 アルゼンチン代表を率いるホルヘ・サンパオリ監督も、チームの大黒柱起用にリスクを犯すことはなさそうだ。

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング