「勝てなきゃいる意味がない」 最年少MF三竿健斗、代表2戦目で見出した“生き残る道”

後半アディショナルタイムに中島の劇的同点弾を演出した21歳MF三竿健斗【写真:Getty Images】
後半アディショナルタイムに中島の劇的同点弾を演出した21歳MF三竿健斗【写真:Getty Images】

後半アディショナルタイムに中島の劇的同点弾を演出「心理的にそんなに焦りはなかった」

 マリ戦(1-1)の後半アディショナルタイムも4分を回ろうとしていた時間帯に生まれた、FW中島翔哉の劇的な同点ゴール。演出したのは同じ東京ヴェルディユース出身である、今回の欧州遠征最年少の21歳MF三竿健斗だった。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 FW大迫勇也の落としたボールを拾おうとしたがマリに拾われ、そこから突破されたところを粘り強く追ってDF酒井高徳のボール奪取を助ける。ファーストパスを受けて中島に素早く付け、ドリブル突破を促進。そこから左で受けたFW小林悠がファーサイドに走り込むFW本田圭佑を狙ったボールは相手DFに触られるも、前線まで上がっていた三竿が浮き球のボールを反対側に送り、そこに走り込んだ中島が左足で押し込んだ。

「シュートを最初打とうと思ったんですけど、体勢とボールの場所的に無理だろうなと思って、イメージして蹴ったら翔哉くんがいた感じです。イメージだけだったので、そこにいてくれた感じですね」

 そう振り返る三竿だが、「心理的にそんなに焦りはなかった」という。自分のプレーは目立つより誰かを支える意識が強いと言うが、起点のパスから攻め上がり、こぼれ球をゴールにつなげるという重要な仕事をやってのけた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング