「足が伸びてくるとは…」 代表デビューの宇賀神、“悪夢の失点”で「経験不足」を痛感

代表デビューの宇賀神、PKを献上して失点する厳しい現実に直面【写真:Getty Images】
代表デビューの宇賀神、PKを献上して失点する厳しい現実に直面【写真:Getty Images】

30歳の誕生日に代表デビューも、PKを献上して失点する厳しい現実に直面

 30歳の誕生日に果たした日本代表デビューは、悔しさばかりが残る結果になった。日本代表は23日の国際親善試合マリ戦を1-1で引き分けたが、右サイドバックのスタメンにDF宇賀神友弥は、前半終了間際にPKを献上してハーフタイムに交代。「経験不足だった」と自らのプレーを悔やんだ。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 今回のベルギー遠征は、右サイドバックのレギュラーであるDF酒井宏樹が負傷で帯同できず。浦和のチームメイトであるDF遠藤航は股関節の負傷で試合出場は難しい状況で、後半から出場したDF酒井高徳もメンバー発表時にバヒド・ハリルホジッチ監督が「問題を抱えている」と、万全の状態でないことを示唆していた。

 そんななか、浦和では左サイドを務める宇賀神に右サイドバックとして白羽の矢が立ったが、ピッチ上では長く厳しい45分間が刻まれた。

 前半14分に右サイドから中央に入れたパスが通らずに大ピンチを招くと、後方からのタックルでイエローカードも受けた。さらに前半終了間際、ペナルティーエリア内を横切るこぼれ球をクリアしようと足を振ったが、相手が先にボールに触れ、宇賀神の足が相手にヒット。これがファウルとなり、PKを献上してしまった。

 宇賀神は「経験不足だった」とファウルを振り返り、自分の交代がチームに与えた別の悪影響についても反省の言葉を残している。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング