本田がW杯メンバー選考で持論 「ただ選ばれるだけ」に問題提起…最大の焦点は?

本田がW杯メンバー選考で持論 【写真:Getty Images】
本田がW杯メンバー選考で持論 【写真:Getty Images】

「選ばれるだけのW杯ならなんの意味もない」と断言

 メキシコ1部パチューカのFW本田圭佑は、日本代表3月シリーズ(23日マリ戦、27日ウクライナ戦)のメンバーに選出された。半年ぶりの代表復帰となったレフティーだが、「選ばれるためだけのワールドカップ(W杯)ならなんの意味もない」と断言。6月のロシアW杯メンバー選考について持論を展開している。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

「忘れていた!」そんなあなたにDAZNの見逃し配信を!

 昨年9月5日のロシアW杯最終予選サウジアラビア戦以来の代表返り咲きを果たした本田。現時点でW杯メンバー入りは不透明だが、早くも本選を見据えたコメントを言い放っている。一つのポイントは「目的をW杯に設定した場合、自分がどういった形で3度目のW杯を迎えるべきなのか」だという。

 本田は2010年南アフリカW杯、14年ブラジルW杯と2大会連続で出場。さらに2大会連続初戦で先制弾を叩き込むなど、大舞台で圧倒的な勝負強さを見せつけてきた。そんな“持っている男”が「(W杯メンバーに)選ばれる選ばれないは度外視して、選ばれるためだけのW杯ならなんの意味もない」と明かしている。

 本田は「それ(W杯メンバー選考)が議論に上がりすぎ」と指摘。自身のスタイルを貫くと宣言し、「それで選ばれなかった場合、なんの後悔もない」と言い切った。そうした発言は、全てW杯本大会を見据えているからに他ならない。

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング