「お世辞抜きで…」長友が絶賛、好調な本田の変貌ぶり 指摘した二つの部分とは?

長友が、約半年ぶりに代表復帰を果たした本田のパフォーマンスについて言及している【写真:Getty Images】
長友が、約半年ぶりに代表復帰を果たした本田のパフォーマンスについて言及している【写真:Getty Images】

本田のパフォーマンスに「練習でも全然違うなと」とポジティブな印象

 日本代表DF長友佑都(ガラタサライ)は20日、23日のマリ戦と27日のウクライナ戦に向けたベルギー遠征2日目のトレーニングを終えると、約半年ぶりに代表復帰を果たしたFW本田圭佑(パチューカ)のパフォーマンスについて驚きとともに言及。「良い状態なのはお世辞抜きで思いました」と明かし、具体的な部分も指摘している。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

「忘れていた!」そんなあなたにDAZNの見逃し配信を!

 昨年10月と11月の代表戦で未招集だった本田の動向は、かねてより注目を集めていた。昨夏パチューカに移籍した当初は怪我の影響で出遅れたが、今年1月からのメキシコ後期リーグでは4得点6アシストと好調をキープ。そして、ついにハリル監督から声がかかり、半年ぶりの代表復帰に至っている。

 そんな本田と近況を含めて言葉を交わしたという長友は、「まずはコンディション状態を聞き合うところから始まりました。圭佑もコンディションが上がっている」と言及。さらに代表のトレーニングを通じて「今日の練習のなかでも全然違うなと」と、ポジティブな印象を受けたという。

 実際、本田は代表メンバー発表後に行われた17日のメキシコ後期リーグ第12節のネカクサ戦にリーグ戦12試合連続で先発出場すると、前半36分にFKで先制点をアシスト。試合は1-1の引き分けに終わったが、スペイン紙「AS」メキシコ版の選手採点で本田は得点者のメキシコ代表MFエリック・グティエレス、MFホルヘ・エルナンデスと並ぶチーム最高の「3点」を獲得した。スペイン紙「マルカ」メキシコ版でも、本田のキックは「完璧」と高く評価されている。

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング