「日本代表は少し怪我が多い」とハリル嘆き節 W杯への“計算”を狂わす苦しい現状

ハリルホジッチ監督、欧州遠征メンバー発表会見で何度も怪我人について言及【写真:Getty Images】
ハリルホジッチ監督、欧州遠征メンバー発表会見で何度も怪我人について言及【写真:Getty Images】

欧州遠征メンバー発表会見で何度も怪我人について言及

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は15日、今月の欧州遠征で23日にマリ、27日にウクライナと戦う招集メンバー発表し、その席上で日本代表、あるいは日本人選手の課題として「怪我が多いこと」を懸念している。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 ハリル監督は、この2試合に向けて26人を選んだ。その理由の一つは「最終リストに入れるかどうかの見極めもしなくてはいけない」こと。5月31日に最終23人を発表する予定であることを明言したが、それに向けて少し多めの人数を実際に手元で確認し、これまでに招集したことのあるメンバーも合わせて選考を行う。

 このプロセス自体はなんら不思議がない。例えば同時期に欧州遠征を行うオーストラリア代表も26人を選んでいるし、浦和レッズに移籍加入が決まったMFアンドリュー・ナバウトなど初招集の選手も含んでいる。しかし、ハリル監督がもう一つの理由として挙げたのが、「怪我」というキーワードだった。

「前回の合宿でもそうだったが、2、3人は怪我をする。長い移動で疲労回復も難しい」

 各ポジションの選出メンバーを発表する際にも、このキーワードは何度も聞かれた。例えばDF遠藤航(浦和レッズ)について「昨日のゲームで少し問題が起きた。今、検査している」と話し、MF大島僚太(川崎フロンターレ)についても「彼もよく怪我をするが」と言及。さらに「(香川)真司と清武が今はいない」、「少し残念なのが、グラウンド上で代われる役割として今野(泰幸)に期待していたが、怪我をしてしまった」と、選出外の選手たちについても話した。

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング