これぞバルサ! デンベレ→メッシの“華麗すぎる”ダイレクトパスが話題 「100点満点」

デンベレ→メッシの“華麗すぎる”ダイレクトパスが話題 【写真:Getty Images】
デンベレ→メッシの“華麗すぎる”ダイレクトパスが話題 【写真:Getty Images】

CLチェルシー戦で相手を手玉に取るパスワークを披露

 バルセロナは現地時間14日にUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦の第2戦でチェルシーと対戦。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシとフランス代表FWウスマン・デンベレが全3ゴールを挙げ、2戦合計スコア4-1でベスト8に進出したが、CL公式ツイッターは殊勲のコンビが魅せた“鮮やかすぎる”パスワークを紹介している。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、来季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 本拠地カンプ・ノウでの大一番で躍動したのは、エースと今季1億500万ユーロ(約142億円)で加入した弱冠20歳のアタッカーだった。

 前半3分、メッシが右サイドを突破して角度のない位置から相手GKの股を抜いてゴールネットを揺らすと、同20分にはカウンターからデンベレが追加点。そして、後半18分にはメッシがドリブルでペナルティーエリア内に侵入し、得意の左足を振り抜いてダメ押しの3点目を奪い、3-0で勝利を飾った。

 CL公式ツイッターは「デンベレ→メッシ」と綴り、一本の動画を投稿。映像ではメッシが右サイドでスペイン代表MFセルジ・ロベルトにボールを渡すと、背番号20は縦パスを選択。すると、デンベレはマーカーを背負いながらこれを左足裏で巧みにコントロールしてコースを変え、メッシにダイレクトパスを成功させた。

 同様の動画はCL公式インスタグラムでも公開されたが、それぞれのコメント欄には、「ビューティフル・フットボール」「ごくごく自然」「おーーーマジック」「100点満点」「ワンダフル」「キングと天才」とバルサらしい華麗なパスワークを見せた二人を称える言葉が並んだ。

 デンベレは今季左太ももの腱断裂で全治3カ月、そして今年1月にもハムストリングの負傷で約1カ月離脱。本来の輝きを見せた“142億円FW”が、メッシとともにチームを力強く牽引している。

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

  • W杯情報がまるわかり! ロシアワールドカップ特設ページ
  • 移籍情報

トレンド

ランキング