チェルシー主将テリー、 DFとしてプレミア最多得点者に

 

リーグ通算39得点はDFとして単独1位

 チェルシーの元イングランド代表DFジョン・テリーは 10日のリバプール戦で前半5分にCKから先制点となるゴールを決めた。これによりプレミアリーグでの得点を通算39と伸ばし、 DFの選手としては歴代最多得点記録となった。

 試合は今季限りでの退団が決まっているリバプールの MFスティーブン・ジェラードもセットプレーからヘディングでゴールを決め、 1-1の引き分けに終わっている。

 テリーはMFセスク・ファブレガスの右CKから得意のヘディングで合わせて今季リーグ戦5得点目を決めた。元エバートンのデイビッド・アンスワースが保持していたDFの得点記録(38得点)を更新。 5季ぶりにプレミア王者に返り咲いたチェルシーの主将はイングランドサッカー界の歴史の 1ページに名を残した。

 また、テリーは今季プレミアリーグ15シーズン連続得点という偉業も達成している。34歳とすでにベテランの域に達している同選手だが、その決定力もいまだ健在。自身4度目となるプレミア制覇に自己記録で花を添えている。

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング