ファン・ハール監督がワイングラス片手にチェルシーを応援!?

マンUと欧州CL出場権を争うリバプールがチェルシーと対戦

 欧州チャンピオンズリーグ出場権内の4位につけるマンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督が、5位リバプールと戦う今季王者チェルシーをワイン片手に応援する意向を示している。

 9日のクリスタル・パレス戦で2-1で勝利を収めたオランダ人指揮官は安堵の表情を浮かべていた。試合後、衛星放送「スカイ・スポーツ」のインタビューに登場すると、自身がバルセロナを率いた当時にコーチを務めた愛弟子モウリーニョ監督がリバプールを撃破した際にはワインをプレゼントするのか、という質問を受けた。

 すると指揮官は「ジョゼ・モウリーニョにはいつもボトルワインを用意しているんだ。でも、今は気楽に座って、最高のグラスワインを飲みながら、チェルシーがどうやってリバプールを倒すか見るつもりだ」と嬉しそうに答えた。

 この日のクリスタル・パレス戦まで、名門は2001年以来となるリーグ戦3連敗を喫していた。終盤の失速で5位リバプールとの勝ち点差は4にまで縮まっていたが、何とか勝利し、リーグ戦残り2試合で勝ち点差を最大7まで広げるチャンスが生まれた。

 愛弟子がリバプールを倒した瞬間、来季の欧州CL出場権を確保できる。この日の試合中には小脇に抱えた作戦盤にワインリストを忍ばせているところをテレビカメラに捉えられていたファン・ハール監督は気分上々のまま、10日のチェルシー対リバプール戦を堪能するつもりのようだ。

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング