韓国代表エースは英代表FWケインと“同等” トットナム監督絶賛「常に素晴らしい」

好調のソン・フンミン、ハダースフィールド戦で2ゴール 今季リーグ戦10得点に到達

 トットナムの韓国代表FWソン・フンミンが、現地時間3日のハダースフィールド・タウン戦に先発出場し、2得点を決めて2-0の勝利に大きく貢献した。チームを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督はソン・フンミンを「常に素晴らしいものを期待できる一人」「プロフェッショナルの模範」などと絶賛した。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」が報じている。

 前半27分にイングランド代表MFデレ・アリのスルーパスに抜け出したソン・フンミンは、間合いを詰めたGKを右足のキックフェイントで交わし、左足のシュートをゴール左隅に流し込んだ。均衡を破る一撃で、聖地ウェンブリー・スタジアムを沸かせた。

 さらに後半9分には、右サイドに流れたイングランド代表FWハリー・ケインからの絶妙なクロスに猛然と走り込み、ヘディングで追加点。今季リーグ戦では初の1試合2得点を達成し、10ゴール(28試合出場)目となった。

 トットナムは2-0で勝利。ポチェッティーノ監督は勝利の立役者となった韓国代表ストライカーを称賛し、常に期待を寄せている選手だと話している。

「私にクオリティーを見せられるかどうかは選手次第だ。その中でもソンは、常に素晴らしいものを期待できる一人だと思う」

 


躍進のトッテナム。ケイン、エリクセン、ソン・フンミンらのプレーを見るならDAZN!無料登録はこちら



page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング