アフリカ大陸最大の富豪がアーセナル買収を予告

大のガナーズファン

 アフリカ大陸最高の富豪が、プレミア強豪アーセナル買収を希望している。金融専門ニュース「ブルームバーグ」が報じた。
 ナイジェリアの億万長者、アリコ・ダンゴテ氏は2010年にアーセナルの株式買収を試みたが、手を引いた経緯があった。ダンゴテ氏はこう語った。
「私はまだアーセナル買収を願っている。いつか、適切な価格で私はあのチームを買収するつもりだ」
 フォーブス誌によると、アーセナルのサポーターであるダンゴテ氏はアフリカ大陸最高の富豪だという。不動産ビジネスなどで157億ドルの財を成している。現在マンチェスター・シティとリーグ2位争いを展開し、F Aカップ連覇を目指すガナーズについては「(ベンゲル監督は)スタイルを少し変える必要がある」と言い、「新しい方向性が必要だ」とも語っている。
 同氏は、「我々は数年後に160億ドルの投資を行うつもりだ。今は自分のビジネスを確実なレベルで続けているが、軌道に乗せたら、オファーすることになるかもしれない」と、改めてガナーズ買収を予告した。
【了】
サッカーマガジンZONE編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング