レアル、「夏の再建計画」で“112億円級”MFリストアップ マンU、ユーベとの争奪戦に

ラツィオの大型MFミリンコヴィッチ=サビッチに白羽の矢

 レアル・マドリードはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)前人未到の3連覇を狙う一方で、リーガ・エスパニョーラ連覇は非常に難しい状況。スペイン国王杯の早期敗退も重なり、ファンや地元メディアから厳しい目を向けられている。そのため、夏の再建計画としてラツィオに所属する“112億円級の大型MFを獲得リストに載せたようだ。スペイン紙「マルカ」が伝えている。

 今季のレアルは元フランス代表FWカリム・ベンゼマの不調を筆頭に、ゴールを奪い切れず思うように勝ち点を伸ばせていない。中盤はトップ下のスペイン代表MFイスコ、インサイドハーフにドイツ代表MFトニ・クロースにクロアチア代表MFルカ・モドリッチ、アンカーにブラジル代表MFカゼミーロとクロアチア代表MFマテオ・コバチッチと頭数は揃っているが、フロント側はさらなる陣容の強化を考えているようだ。

 狙いを定めたのは、セリエAのラツィオに所属するセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコヴィッチ=サビッチだ。2015-16シーズンからラツィオに加わったサビッチは、恵まれたフィジカルを生かしたプレーとともに的確なテクニックを持つ、近年流行の“ハイブリッド型センターハーフ”。マンチェスター・ユナイテッドやユベントス、リバプールなどのビッグクラブも狙っているとされ、ユナイテッドは移籍金8500万ユーロ(約112億2000万円)を提示したとの報道もある。

 22歳のサビッチはラツィオと2022年まで契約を結んでおり、移籍成立のためにはユナイテッドが提示した金額が最低ラインとなってきそうだ。豪華陣容を誇るマドリードの中盤に、また一人コレクションが増える形となるのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング