ヘタフェ柴崎、バルサ戦好機に絡み守備も奮闘 前半両軍最長6.3km走行、倒れてひやりの場面も

試合はスコアレスドロー、先発の柴崎は後半42分交代…チームのタスクをこなす

 

 リーガ・エスパニョーラ第23節バルセロナ対ヘタフェが現地時間11日に行われ、先発した柴崎はゴールこそなかったものの、シュートチャンスに絡みつつ守備でも奮闘。敵地カンプノウでスコアレスドローに持ち込んだ。

 

 この日バルセロナはDFジェラール・ピケがベンチ、DFサムエル・ウムティティが出場停止ということもあり、新加入のDFジェリー・ミナ、DFルカ・ディーニュがセンターバックコンビを組んだ。トップ下の位置を取った柴崎は、少ないチャンスをどれだけものにできるかを試された。

 

 試合が始まるとバルサはインサイドハーフに入ったMFフィリペ・コウチーニョ、そしてFWリオネル・メッシらを軸に高いポゼッション率でゲームを進める。前半10分にはミナと空中戦で競り合った柴崎が膝を抑えてもんどり打ち、ひやりとする場面もあった。

 

 同40分にはMFポルティージョからの浮き球パスにパスアンドゴーで走り込んだ柴崎がダイレクトシュートを放ったものの、バルサGKテア・シュテーゲンのセーブにあって先制点とはならなかった。それでも前半は両チーム最高となる6.3kmを走行するなど、献身的なプレーを見せた。

 

 後半に入ってバルサの攻勢を受けたヘタフェだが、同14分には右サイドからのカウンターでボールを受けた柴崎はテア・シュテーゲンが大きく飛び出したのを見越してシュートも、枠はとらえられなかった。ヘタフェが的確なカウンターと手堅い守備ブロックでバルサよりシュート本数が増えるなど、ホームチームをてこずらせた。

 

 バルサは後半途中からMFアンドレス・イニエスタとFWウスマン・デンベレを投入。徐々にヘタフェを押し込む。それでもGKビセンテ・グアイタらの必死の守備の前に均衡は破れない。柴崎は後半42分にDFカブレラと代わったものの最後までチームのタスクをこなし切った。

 

 バルサはアディショナルタイムにデンベレのクロスからルイス・スアレスが頭で合わせたもののGKビセンテがビッグセーブ。そのままスコアは動かず、バルサにとっては2戦連続のリーグ戦ドローとなった。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

 

トレンド

ランキング