ノルウェーの神童が“エラシコ股抜き”で瞬殺 圧巻の切れ味に称賛「素晴らしい閃き」

ヘーレンフェーンのエデゴーがローダJC戦で鮮やかな股抜きドルブルを披露

 日本代表MF小林祐希が所属するへーレンフェーンは、現地時間10日に行われたエールディビジ第23節ローダJC戦に1-1で引き分けた。後半29分に同点に追いつき、連敗を回避したチームにおいて、かつてレアル・マドリードで“神童”として注目された19歳のノルウェー代表FWマルティン・エデゴーが見せた華麗すぎるテクニックが話題となっている。

 母国のストレームスゴトセトでプロデビューを飾ったエデゴーは、ノルウェーリーグの最年少出場や得点の記録を更新。ノルウェー史上最年少でA代表デビューを飾るなど、瞬く間にその名を世界に知らしめた。2015-16シーズンにはスペインの名門レアルに移籍し、クラブ史上最年少となる16歳157日でトップチームデビュー。“神童”として一躍注目を集めたが、その後はポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドやウェールズ代表FWギャレス・ベイルらの壁に阻まれ、レアルのBチームにあたるカスティージャでのプレーが続いた。

 2017年1月にレアルからヘーレンフェーンへ期限付き移籍。1年目は控えに甘んじることもあるなど不完全燃焼だったが、「10番」を背負う今季は出場18試合全てでスタメンを務めるなど信頼を勝ち獲っている。

 ローダJC戦では開始9分、右サイドでボールを受けたエデゴーは、寄せてきたマーカーとの間合いを詰めると、利き足の左足アウトサイドで左に出す素振りを見せながら、すぐさま左足インサイドサイドに切り替えて相手DFヤネス・ファンステーンキステの股下を抜いてみせた。

 

page1 page2 page3

トレンド

ランキング