チェルシーが175億円でレアル22歳MF獲得に動くか アザール流出時の後釜候補に浮上

ジダン監督の秘蔵っ子アセンシオだが、指揮官解任の可能性浮上で獲得調査へ

 プレミアリーグの強豪チェルシーが、夏の移籍市場で注目銘柄となる可能性が高いベルギー代表MFエデン・アザールの後釜として、レアル・マドリードの若き左利きアタッカーに目をつけているという。スペインメディア「ドン・バロン」が報じている。

 アザールはレアルを含め欧州のトップクラブから狙われている存在。6月に開催されるロシア・ワールドカップでベルギー代表は優勝候補の一角と目されており、その中心として活躍すれば市場価格が急騰することが予想される。

 そうしたなか、チェルシーはアザール流出時の後釜に、レアルのスペイン代表MFマルコ・アセンシオを狙っているという。記事によれば、予算として1億3500万ユーロ(約175億円)を計上。アセンシオはジネディーヌ・ジダン監督の秘蔵っ子だが、フランス人指揮官は今季リーグ戦の不振により、UEFAチャンピオンズリーグ3連覇が続投の条件とも報じられているため、チェルシーは獲得の可能性を模索しているようだ。

 一方のチェルシーも、アントニオ・コンテ監督から元バルセロナ監督のルイス・エンリケ氏への指揮官交代の可能性が報じられるなど、来季に向けて新体制となる可能性がある。22歳にしてすでにスペイン代表デビューも果たしているアセンシオは、チェルシーの目玉補強としてプレミアの舞台に舞い降りることになるのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング