マンC行き消滅のマフレズ、2日連続で練習欠席 3日のスウォンジー戦も欠場か

クラブの対応に失望か 2日の練習も欠席と英メディア報道

 レスター・シティのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズは、冬の移籍市場最終日となる1月31日にオファーが届いたマンチェスター・シティへの移籍が叶わなかった。レスターを牽引するレフティーは1日の練習に姿を見せなかったのに続き、2日続けて練習を欠席したことが発覚。3日のプレミアリーグ第26節スウォンジー戦も欠場する見込みだと英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

 マフレズにはリーグ首位を独走するマンチェスター・シティが移籍金6500万ポンド(約101億円)に加え、選手を譲渡するという好条件を出してきた。しかし、レスター側は9500万ポンド(約148億円)という法外な移籍金を要求したため、潤沢な資金を持つシティもさすがに撤退し破談に終わった。

 クラブの対応に失望したというマフレズは、移籍市場最終日の翌日に行われたチーム練習を欠席。メディアにも取り上げられて大きな話題を呼んでいるが、2日の練習も欠席したという。

 記事によれば、3日行われるスウォンジー戦も欠場するとの見通し。破談を巡る騒動が大きく波紋を広げている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

トレンド

ランキング