ネイマールは「今世紀ベスト」 魅惑の背中トラップ&シャペウに喝采「まさにショー」

リーグ杯レンヌ戦で圧巻のテクニック披露 対峙した相手はファウルでしか止める術なし

 パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールがまたもや魅せた。現地時間30日に行われたフランス・リーグカップ準決勝レンヌ戦(3-2)で、ロングフィードを背中でトラップし、片足でボールを浮かせて相手の頭上を抜く“シャペウ”を決める連続技を披露。クラブ公式YouTubeチャンネルや海外メディアが動画付きで紹介すると、ファンから「今世紀ベストプレーヤーからとてつもないスキル」「非現実的」と驚きの声が上がっている。

 大会5連覇を狙うPSGは、前半24分にベルギー代表DFトーマス・ムニエのミドルシュートで先制すると、後半8分にブラジル代表DFマルキーニョス、その5分後にはMFジオバニ・ロ・チェルソが決め、リードを3点に広げた。フランス代表FWキリアン・ムバッペの一発退場で数的不利となり、レンヌに2点を返されたものの、なんとか3-2で逃げ切って決勝進出を果たしている。

 得点こそなかったネイマールだが、3-1で迎えた後半43分、右サイドのマルキーニョスからのロングフィードに対し、敢えて正対せずに背中でトラップ。すかさず反時計回りに反転すると、プレッシャーをかけにきたレンヌのMFバンジャマン・プリジョーを右足インステップでボールを蹴り上げて頭上を通す“シャペウ”を決めて抜き去った。完全に後手に回った相手は、ファウルする以外に手立ては残されていなかった。

 

page1 page2 page3

トレンド

ランキング