アルゼンチン代表MFパストーレ、PSG退団の意向を表明 インテルが正式オファーへ

ヘライフィ会長も許可と伊メディア報道 インテル側は背番号「6」か「10」を用意

 パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表MFハビエル・パストーレが、クラブに対して放出の要求を出し、それに合わせて日本代表DF長友佑都が所属するインテルが正式オファーを出すという。インテル専門のニュースサイト「FCインテルニュース」が報じている。

 パストーレはリーグ戦のモンペリエ戦を終えると代理人を通じてクラブに退団の意向をアピール。最終的にナーセル・アル・ヘライフィ会長の許可が下り、残り数日間となった冬の移籍市場で新天地を模索するという。

 インテルは現地時間28日に正式オファーを投じるとされ、パストーレには背番号「6」か「10」の選択権を与えるという。エースナンバーは、ポルトガル代表MFジョアン・マリオがプレミアリーグのウェストハムへ期限付き移籍したために空き番号となっている。

 インテルは2週間ほど前からパストーレ獲得に全力を尽くすと報じられてきたが、選手サイドの移籍希望により扉が開いた模様だ。残り数日間でPSGとの交渉をまとめ上げることができるか、インテル強化部の手腕が試される状況になった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング