「全てを兼ね備えている」 清武弘嗣が絶賛、感銘を受けた3人のJリーガーを告白

最初に挙げたのは川崎のMF家長、攻撃センスに加えて「守備まですごいしていた」

 スペインの強豪セビージャから17年2月に古巣のJ1セレッソ大阪に舞い戻った日本代表MF清武弘嗣にとって、復帰1年目は怪我に泣かされたシーズンでもあった。開幕前に右太腿裏を痛め、それが影響して今度は左大腿四頭筋損傷で離脱。そして故障が完治し、いよいよ輝きを放とうとした6月のベガルタ仙台戦で左ハムストリング筋を損傷し、思わぬ長期離脱を強いられた。

 大阪を離れ、都内で治療に専念する日々。ボールを蹴るどころか、走ることもままならず、心からサッカーに飢えていた。だからこそ、シーズン終盤の秋にようやくピッチに戻り、ルヴァンカップでクラブ史上初タイトルを手にした時、その喜びはひとしおだった。

 その後、リーグ戦はルヴァンカップ決勝で打ち負かした川崎フロンターレが大逆転で初優勝を飾ったが、ライバルの残像が清武の脳裏には深く刻まれているようだ。

 17年シーズンに「感銘を受けた3人の選手」について訊くと、最初に名前を挙げたのは31歳のMF家長昭博についてだった。清武と同じく、スペイン(マジョルカ)でプレーした元日本代表についてこう評している。

「今年は守備まですごいしていましたよね。全てを兼ね備えている選手が、守備までできたら、ね……」と絶賛。ただでさえ日本屈指の攻撃センスを持つ家長が、守備でも大きく貢献し、攻守両面で存在感を放つ姿が目に焼きついているという。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「キック精度が異次元」 長谷部誠の“代役GK”に再脚光、守護神で奮闘「万能すぎる」と称賛

  10. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「動き神すぎんか」 ソシエダ久保建英、決勝弾を導いた見事な囮役 “パスコースぽっかり”に絶賛「2枚剥がした」

  5. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  6. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  7. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  8. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  9. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  10. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」