メッシの強烈FK、C・ロナウドの“顔直撃”で脚光 SNSで拡散「意図的」「逸話的瞬間」

レアルはバルサに0-3完敗、不発のロナウドは意外な形で注目集める

 レアル・マドリードは23日に本拠地サンチャゴ・ベルナベウで行われたバルセロナとの“エル・クラシコ”で0-3と完敗した。不発に終わったエースFWのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドだが、意外な形で注目を集めている。大一番でバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが放ったFKが顔を直撃。その場面の写真や動画が拡散し、話題となっている。

 本拠地バルサ戦に先発出場したロナウドは、0-0で迎えた前半10分にビッグチャンスを迎えるが、まさかの空振りでチャンスを生かせず。スコアレスのまま迎えた前半アディショナルタイムにその瞬間が訪れた。

 レアルのブラジル代表DFマルセロがメッシを倒してFKを献上。キッカーを務めたメッシが助走を取って左足を振り抜くと、壁に入っていたロナウドの顔に強烈な一撃が直撃し、大きくコースを変えた。目まいがしたのか、ロナウドは軽く頭を左右に振る素振りを見せた一方、ぶつけてしまったメッシは静かに手を伸ばし、両者が手を重ねる形で“和解”した。

 英紙「デイリー・メール」は「メッシのFKは壁に当たっただけでなく、ロナウドの顔面を襲った。ロナウドのファンは、その行動が彼の勇気とゴールを阻止するという決意の表れと主張することができる」と伝えている。

page1 page2 page3

トレンド

ランキング