「56」の金字塔 ケイン、欧州5大リーグNO1に浮上「ファンタスティックな一年」

プレミアリーグ年間得点記録と年間公式戦得点数でトップに躍り出る

 トットナムのイングランド代表FWのハリー・ケインは、現地時間26日のサウサンプトン戦(5-2)でハットトリックを達成。2017年の公式戦で挙げたゴール数を欧州5大リーグで最多の「56」とした。金字塔を打ち立てた24歳は、現代サッカーの二大巨頭であるリオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドとの比較されたことを「素晴らしい気分」と語った。英公共放送「BBC」が報じている。

 ケインはサウサンプトン戦に先発出場すると、前半22分にデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンのセットプレーを頭で合わせて先制ゴールを挙げた。このゴールが2017年のプレミアリーグで挙げた37点目のゴールとなり、1995年に元イングランド代表FWアラン・シアラー氏が36得点で打ち立てたプレミアリーグ年間得点記録を更新した。

 同39分には韓国代表FWソン・フンミンのアシストからこの日2点目をマーク。後半22分には日本代表DF吉田麻也のマークをかいくぐって3点目もゲット。2試合連続ハットトリックを達成して5-2の勝利に貢献した。

 プレミアリーグの年間得点記録を「39」まで伸ばしたのに続き、この1年間の公式戦得点数を「56」に伸ばしたケインは、54得点を決めていたバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを抜いて年間ゴール数で欧州5大リーグトップに躍り出た。

 

page1 page2 page3

トレンド

ランキング