独代表FWヴァーグナー、バイエルン移籍合意 過去に「俺は国内で最高」の強気発言も

ホッフェンハイムの30歳FWヴァーグナー、来年1月から古巣バイエルンに復帰へ

 

 ドイツ王者バイエルン・ミュンヘンは、今冬の移籍市場の開幕を前にホッフェンハイムからドイツ代表FWザンドロ・ヴァーグナーの獲得で合意に達したことを発表した。ヴァーグナーは来年1月1日にバイエルンへと所属が移る。

 

 ヴァーグナーは2015-16シーズンにダルムシュタットで32試合14ゴールを挙げてブレークすると、昨季はホッフェンハイムで31試合11ゴール。今季もここまでリーグ戦で4ゴールをマーク。バイエルンは今季途中にカルロ・アンチェロッティ監督からユップ・ハインケス監督にスイッチしているが、ハインケス体制での最初の補強ということになる。

 

 ヴァーグナーは今夏のコンフェデレーションズカップでドイツ代表デビューを飾った30歳ストライカーは、代表でも7試合5得点と決定力が光る一方、ビッグマウスで話題を振りまいてきた。過去に「俺はドイツ国内で群を抜いて最高のFWだ」と発言したことがあるが、ドイツ国内では評価が分かれるタイプの選手でもある。

 

 バイエルンの下部組織で育ち、30歳にして古巣への復帰を勝ち取った形になるヴァーグナー。思ったことをハッキリ言うタイプのストライカーがビッグクラブで順応できるか。また、エースのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキとの関係性を良好なものにできるかなど懸念材料はあるものの、新天地で「国内最高FW」を自らのプレーで証明できるだろうか。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング